通信制高校に入ったその日にしたいこと

通信制高校に入ったその日にやっておくべきことを紹介していきます。


通信制高校を卒業するまでの道のりを

通信制高校の大きな特長として「他の子と競争することがほとんどない」というものがあります。全日制高校のように教室でテストの答案を返却するなんてことはありません。だから「お前、何点だった?」と聞かれることもないですし、「このクラスの平均点は●点でした。隣のクラスは×点でしたよ」なんてやんわりと釘を刺されることもないわけです。
もちろんこれ自体は大きなメリットなのですが、人間、競争相手が全くいないとあまり焦りを感じない生き物のようです。
だから通信制高校に入ると良くも悪くものんびりしてしまうということがあります。
最初の半年ぐらいは前の学校での疲れを癒すという目的でのんびりするのは良いですが、それがずっとだと何年かかっても卒業することができなくなってしまいます。
なので、きちんと通信制高校を卒業するまでの道のりを自分で見据えておく必要があります。


出来れば親御さんと一緒に

もし可能であればその内容を親御さんと話してみることをオススメします。目標を立てる時には明確な数字をもって立てるとより良い目標になるかと思いますので、「●●出来たらお小遣い1000円アップ」「××を3か月続けたら新しいスマホを買ってくれる」など具体的かつ「本当に欲しい!」と思える内容にするために親御さんと一緒に決めると良いですよ。

Comments are closed.